クラブのご紹介 

◇設立  1994年(平成6年)6月

◇会員数  男女57名

(茅ヶ崎、藤沢、平塚、鎌倉、二宮、相模原、綾瀬

世話人代表 安丸 元一

◇設立の趣旨 

 私たちは戦後の混乱、高度成長、バブルとその崩壊など幾多の試練を生き抜き、その間多くの知識、経験や知恵いわば 人生のノウハウ’を豊富に培ってきました。                              逆さ富士(2018/2/20 06時30分頃 山中湖東側湖畔で若林会員撮影)

 当クラブはそれらノハウを持ち寄り活かすことによって、相互に啓発し合うとともに地域活動を通じて社会に貢献することを目的として設立されました。

 急速に進む経済の停滞と所得格差、少子高齢化と社会保障費の膨張等々の時代的変化のなか、私たち「健康と生きがいを保持しながら終生ボケることなく誇りある人生をまっとうする」をめざして人生の展望を拓きます。                                                                                                                                   

 



 

 

 

 

 

 これは会員が湘南シニアクラブという山に根をおろし

さんさんと輝く太陽(クラブの諸活動)のめぐみを受けながら

シニアライフを楽しんでいるさまを象徴的に表したものです。

 

 

    ”衣(ころも)は新しきに若(し)くは莫(な) 

      人は古きに若くは莫し

            (着物や品物は新しいものほどよいが、

            人は年をとって知恵や情愛の深いほうがよい)

           ― 晏子(あんし)春秋(中国春秋時代の齊(せい)の宰相の言行録)