毎月の活動状況については、上記ナビゲーションの「会報」、「年中行事」、「同好会」をご覧下さい

 

                       '気嵐’越しの富士(霧は早朝の気温低下で発生、於山中湖、'18.10.22若林会員撮影)

 

  

 人生100歳時代到来

健康と生きがいはシニアの願い

      当クラブはそんな願いを一緒に考え、実現してゆきます



トピック

秋のバスツアーを楽しむ 

 2018年10月10日快晴のもと30名が山梨への旅を楽しんだ。

 まず日本三奇橋の「猿橋」に到着し、橋上から渓谷を覗いたり、隣の明治45年建設の発電所への水路橋を見た。

 次いで山梨県リニア見学センターの屋外見学テラスで、幸いにも実験線の走行試験(時速500km.)を間近で見学できたた。また’ミニリニア’で磁気浮上走行も体感した。

 山梨の名物料理’ほうとう・アワビ飯’で昼食をとった後、

 信玄餅で有名な桔梗屋の工場の製造現場を見学した後、’信玄餅詰め放題’を欲張りながら楽しんだ。

 その後武田信玄(僧名)の菩提寺である恵林寺を訪問、文化財指定の四脚門や開山堂を見学した後、国指定の夢窓国師築庭の回遊式庭園を見学、しばし安らかな禅の風光を味わった。

 最後にマンズワイン勝沼ワイナリーで多種類のワインの試飲を楽しんだ後、好みのワインを買い込んだ。

 今回の旅は、幹事の配慮よろしく45人乗りの大型バスを利用した安心・安全の旅だった。

桂川の深く美しい渓谷に架かっている猿橋の上に立つ会員たち

猿橋は長さ30.9m、幅3.3m、高さ31m

橋脚を全く使わずに鋭くそびえ立つ両岸から張り出した四層のはね木で支えられている

その起源は推古天皇の時代(600年頃)に、百済の造園博士が建設したという

恵林寺本堂の裏にある夢窓国師築堤の池泉回遊式庭園(国指定の名勝) 上段に枯山水、下段に心字池を配した雄大な規模を誇る

(写真はその一部)

 


 

テニス同好会 スタート 

 「昔やっていたテニスを再開したい…」「最近始めたがテニスは楽しい、いいね! との声かけで2018年5月テニス同好会が発足し“心はいつもテニスボーイ&ガール”のシニアたちが茅ヶ崎公園テニスコートに集まって月1~2回のテニスを楽しむことになりました

 みんな大分若返ったようで、るんるん気分でしょうか。 

(写真は8月6日若林会員撮影)